脳科学や心理学に基づいた学習の追求

みんなの塾では、塾だからこうしなければいけない、という考え方ではなく、脳科学や心理学に基づいた、生徒の学習成果を最大化させるための仕組みづくりをしています。

例えば、人間の脳への情報は、70~80%が「目」からの情報だと言われています。そのため、講師が単に話して「耳」から情報を入れるのではなく、実際に図や表を生徒に書いてもらったり、画像を見せたりして、内容をイメージしてもらうようにしています。単純な丸暗記ではなく、具体的なイメージが頭の中に浮かぶことで、記憶に定着しやすくなります。瞬間記憶ではなく、長期記憶にするためには、このような細かい指導が必要です。

覚えたことをすぐに忘れてしまう場合、内容を理解しないで、丸暗記してしまっている場合がほとんどです。正しい勉強法で知識を学ばなければ、せっかくの努力も「やったつもり」で終わってしまいます。勉強は科学です。ただやみくもにやるのではなく、正しいやり方をみんなの塾で身につけましょう。

みんなの塾では、机の上での勉強だけではなく、バランスボールに乗りながら勉強をしてもらったり、カフェのようなカウンタースペースで勉強してもらったりと、どんな環境でも勉強できる、集中力育成のトレーニングを行います。集中力育成の目的に加えて、人は学習内容と、それを学んでいた時の背景を関連付けて記憶すると言われていますので、学習環境をこまめに変えることで、記憶の引き出しから情報を取り出しやすくする効果もあります。

余談ですが、バランスボールは小学生から大人気ですので、みんなの塾に来た際はぜひ座ってみてくださいね。

また、塾内は部屋の仕切りはほとんどありませんので、周囲の音が自然と聞こえる状態です。ジャズやボサノバといった学習のテンポにとても良いBGMも流しています。もちろんそれには理由があります。シーンとした静かな環境でしか集中できない生徒の場合、入試当日の思わぬアクシデントで、集中力が一気に崩れてしまうからです。

救急車が通る音、隣の受験生のペンの音、試験監督の靴の音。ありとあらゆる雑音が聞こえる中で、入試当日は「集中」しなければなりません。日ごろから、周囲の環境に左右されない集中力を身につけることができなければ、文字通り、入試当日の「ギャンブル」になってしまいます。1年間、人によっては数年間の努力の成果が出せずに、入試を終えてもらいたくないんです。

かくゆう私(塾長)が、早稲田大学の入試においてこの失敗経験があります。受験生時代、大手学習塾に通っていた私は、ブースでしっかりと区切られ、ふかふかの椅子に座り、無音の環境で勉強していました。しかし、私立の早稲田大学の受験当日のこと。受験生が多い早稲田大学の入学試験は、幅の狭い長机に何人も隣り合って座るため、消しゴムを使うたびに机が揺れ、コツコツというペンの音が気になり、前の受験生の背中が机にぶつかり、集中力が散漫になってしまいました。周囲の環境に対応ができなかったことで、納得のいく解答ができなかったのは本当に悔しかったです。だからこそ同じ失敗経験を、みんなの塾の生徒がしないように、今の環境作りに活かしています。

このような、学習面での脳科学や心理学に基づいたやり方以外にも、みんなの塾では、学習環境作りに力を入れています。

突然ですが、クイズ番組をテレビで視聴しているときは簡単に答えられても、実際に出場すると力が発揮できないといったことがあることを、見たり聞いたりしたことはありませんか?これは、環境によって、インプットできる能力や、アウトプットできる能力が変わってくるからです。

テレビを視聴している場合は、テレビ以外のものに神経を傾ける必要がなく、脳が100%問題に集中できます。一方、クイズ番組に出場しているときは、他の対戦相手や視聴者などに神経が分散されてしまい、脳がほとんど集中できない状況で、問題のインプットと回答のアウトプットをすることになります。これでは、本人の実力を発揮するのはとても難しくなってしまいます。

学習効果を高めるときも同様です。もちろん、受験やテストのプレッシャーに打ち勝つ能力も重要ですし、そのためのトレーニングも合わせて実施していきますが、まず第一段階として必要なのは、なるべく脳がリラックスできる状況をつくり、たくさんの物事を関連させて覚えることです。もし、先生の指導方法が良くても、成績があがらないといったお悩みがあるとしたら、塾特有の堅苦しい雰囲気が、学習効率を下げてしまっているのかもしれません。

ただ、「みんなの塾」ではこのような心配は無縁です。教室にはフッカフカの人工芝が敷き詰められ、リラックスできる音楽が流れています。
森の中の塾をイメージした明るい教室内は「堅苦しい」という印象は全くありませんよ。

既存の学習塾の常識にとらわれない、みんなの塾だけの学習環境です。ここでしか体験できない、学びたくなる環境を、ぜひ無料体験授業で味わってみてください。