本格派英語強化学習の実践

みんなの塾は、英語教育に特に力を入れています。生徒からの「リスニングが聞き取れるようになった」「読解問題がすらすら読めるようになった」という声は嬉しい限りです。

英語は、英語独特のリズムや音域に体を慣らし、言いたいことをどう表現するのか、あるいは、どのような文法規則があるのかを、徐々に体に馴染ませていくことで身につきます。どちらかといえば、スポーツの感覚に近いかもしれません。

だからこそ、文字を書いてるだけ、授業を聞いているだけでは、英語はできるようになりません。2020年の英語教育改革で、小学校3年生から英語が始まるようになり、高校・大学受験では、スピーキングやリスニングがこれまでよりも重視されます。

みんなの塾では、小学生は授業中にどんどん音読してもらいますし、中高生は音読に加えて、専用ウォークマンを使って、リスニング力の強化も行います。読み書きをベースに、スピーキング、リスニングも、英語能力を向上させるうえで必要不可欠な要素です。

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能

どこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

2020年を境に、これまでの読み書きだけではなくて、スピーキングやリスニングが重視される。急いで英会話スクールに通わせないと!

ちょっと待ってください(笑)

はっきり言いますね。やるべきことは、これまでと全く変わりません!

もちろん英語の早期教育が必須なのは大前提です。それは英語の教育改革が行われる以前から変わりません。早くから英語を勉強している生徒は、英語を英語のまま理解する習慣がつきます。そのため、中学校以降で英語が苦手科目になる可能性は、英語を全くやっていなかった生徒と比べれば下がるのは当然のことです。

ゴールデンエイジという言葉をご存知でしょうか?

語学習得をさせるうえで最も成長する時期が、9歳~12歳と言われています。そんな語学習得に最適な年齢のことをゴールデンエイジと言います。学年で言うと、小学校3年生から小学校6年生くらいですね。小学校3年生から英語教育を実施するのは、もちろん偶然ではありません。小学校3年生からがゴールデンエイジだからです。

では、その時期に英語の勉強すれば英語がペラペラになるのか。逆にその時期を逃すと英語はできるようにならないのか。

まったくそんなことはありません。私自身、英会話スクールに通ったのは小学校6年生からの1年程度。その程度では、単語も読めないし、文法もわからない、リスニングも聞き取れないし、もちろん話せません。

英語ができるようになるために必要な勉強はこれまでもこれからも変わりません。習得するべき順番に並べます。

単語→文法→長文→リスニング(本当はもっと複雑で細かいのですが、詳しくはまたブログで)

いやいやスピーキングがないじゃん!リスニングは最後なの?これってこれまでと一緒だよね?
まとめて説明していきますね。
大前提として、4技能はバラバラなのではなくて全て密接に関わりあってます!みんなの塾では単語を覚える際も音読をしますし、文法も理解した後に発音をどんどんしてもらいます。長文はオーバーラッピングやシャドーイング等、通訳になる人が実践している勉強法を取り入れ、リスニングは上記のすべての過程で導入しています。

つまり、スピーキングが入るから英会話をやろう。リスニングが重視されるから英語を聞こう。じゃできるようにならないんですよね。単語を覚える際もスピーキングをしますし、文法を覚える際も英作文を交えたスピーキングをしますし、リスニングも難しいからこそ、身につくのが最後になりがちなので全過程でやります。

これまでも、これからも、単語と文法をしっかりとやらなければ英語の長文はできるようにならないし、読み書きだけじゃなくて、全過程でスピーキングやリスニングを行わなければ、急に対策したからと言ってリスニングもできるようにならないんです!

英会話の必要性が声高に叫ばれていますが、こと受験においては、「読み書き」が最重要です。読み書きを伸ばすためのスピーキングやリスニング。スピーキングやリスニングを伸ばすための読み書きなんですよね。

学校では、英語に親しんでいない人が多いと、英語をしゃべるときに恥ずかしさを感じるかもしれません。一方、みんなの塾ではそんな心配はいりません。未来に向かって、思い切り打ち込むことができます。

また、みんなの塾では、単語、文法、読解、リスニングをまとめてに強化する教材を使い、実際に通訳の方が実践している勉強法を取り入れています。

英検やTOEIC等、受験だけに留まらない、本質的な英語学習を実践しているのは、みんなの塾だけです。