講師の紹介

諏訪間雄聖(塾長/湘南台本部校)

プロフィール
神奈川県藤沢市生まれ。大学4年生までの14年間野球に没頭。平日は自主練習、土日は朝から晩までチームで野球漬けの毎日を送る。大学4年生時、読売ジャイアンツのプロテストを受験し、その落選を最後に、野球人生に幕を下ろす。中学生時代は勉強と野球を完全に両立し、中学校3年生までは学習塾に通わず成績42/45を維持。神奈川県立鎌倉高等学校、鎌倉学園高等学校を受験し「公立高校の野球部で私立高校の強いチームに勝ちたい」という思いから、県立鎌倉高等学校へ進学。高校は部活に熱中してしまい、学力は一気に低下。高2の夏の偏差値はわずか31に落ち込む。校内成績は274人中271番目と低迷し、進級が危うい状態に陥る。一念発起し、野球の夏の大会が終わった高3の8月から、本格的に受験勉強を開始する。毎日14時間の猛勉強の末、独自の勉強法を習得し、偏差値は31から70まで向上。6か月で横浜国立大学教育人間科学部に現役合格を果たす。失敗と改善を繰り返した自らの学習経験を活かし、子どものために何かしたいという思いから「みんなの塾」創設。

趣味
野球、バレーボール、オセロ、空手、バスケットボール、バドミントン、リレー、サーフィン、ジム、音楽鑑賞(サザンオールスターズ)、漫画(ワンピース)

経歴(学校)
藤沢市立六会小学校→藤沢市立湘南台中学校→神奈川県立鎌倉高校→横浜国立大学教育人間科学部

経歴(野球)
六会レッズ→藤沢リトルリーグ→藤沢シニアリーグ→県立鎌倉高等学校野球部→横浜ベイブルース(硬式社会人野球クラブ)

 

仲林先生

プロフィール
横浜国立大学教育人間科学部で小中高全ての教員免許を取得。幼児教育から大学受験まで、幅広い知識が魅力で、5教科7科目全教科指導可能。高校3年生時は塾での受講科目は1科目のみで、ほぼすべての教科を独学で習得。市販の参考書を書店で探し回り、1日16時間の猛勉強で、第一志望である横浜国立大学に現役合格。努力して目標達成することの楽しさを教えたいと、みんなの塾に参画。入社以来、みんなの塾の仕組みをゼロから構築。副塾長として、日々指導に励み、生徒一人一人に合わせた指導の丁寧さに定評がある。学習内容を図式化して理解を促す指導が上手く、やり方が目で見てわかるから、生徒もイメージがしやすい。趣味はゴルフで、高校時代はゴルフ部に所属。休日は神奈川県外に足を運んで、ゴルフを楽しむ。実力は相当のもので、ベストスコアは83。ゴルフ以外にもバレーボールやテニス等、体を動かすことが大好き。性格は、誰よりもまっすぐひたむきに努力できるのが特長で、休日はスポーツに加え、カフェで読書や参考書を読み込む勉強家。

趣味
ゴルフ、テニス、インテリアコーディネート、カラオケ、バレーボール、ボードゲーム、読書

経歴(学校)
私立実践女子学園中学校・高等学校 → 横浜国立大学教育人間科学部

 

鈴木先生(教務主任/講師)

プロフィール
東京大学合格者を輩出する千葉県の進学校「稲毛高等学校」出身。偏差値は67。高校3年生まで国立大学を目指し5教科7科目の受験勉強に明け暮れる。しかし、エリート路線まっしぐらだったわけではなく、高校3年の時に、家庭の事情から受験をすること自体ができなくなってしまう。高校卒業後は、塾講師とアルバイトを掛け持ちして、両親を支えていた家族思いの先生。現在も大学で「学ぶ」ことへの思いが強く、働きながら通信制の大学に通う。過去の挫折経験から、思いがけないシーンに巡り合ったときも、穏やかに、力強く生き抜く力を伝えていきたい、という思いからみんなの塾へ来てくれた熱い先生。「にこにこ」とした優しい表情の中には固い信念があり、生徒の成績向上のために毎日全力で指導。生徒の現状分析能力が優れていて、各生徒毎の弱点や改善点を的確に把握。だからこそ生徒の成績が伸びる。前職は大手学習塾において教室責任者を任され、全教科を指導。受け持った生徒全員を第一志望に合格させた、合格請負人。

趣味
受験問題を解くこと、街歩き、サイクリング、家電製品比較、心理テスト

経歴(学校)
千葉市立稲毛高等学校→東京通信大学(在学中)