2日目無事開講のご報告&3日目開講のご案内【2020/3/4-0時時点】

お知らせ

平素お世話になっております。

みんなの塾は、全国一斉休校の状況を鑑みまして、2020年3月2日から臨時的に営業時間を日中へ変更致しました。

2日目(3月3日)も、無事開講できましたこと、本記事にてご報告申し上げます。引き続き、安全面の厳重管理態勢を維持しつつ、3日目(3月4日)も開講していく所存でございます。

また、通塾にご不安を感じられる塾生・ご家庭におかれましては、引き続き、電話・メール等にてサポートをさせて参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

科学的な根拠に基づいた衛生面につとめています。

正しい情報を収集しています。

新型コロナウイルスに関しまして、各種メディアから様々な情報が流れております。中には不安を増長する報道や、コメント、科学的な根拠のないデマなども散見されています。ぜひ皆様もお気をつけて頂ければ何よりでございます。

【例】国立感染症研究所:新型コロナウイルス感染症の積極的疫学調査に関する報道の事実誤認について
【例】日本エアロゾル学会:新型コロナウイルスや花粉症でのマスク装着に関する日本エアロゾル学会の見解

私共は、科学的な視点で情報を精査し、信ぴょう性を確かめながら、運営に努めています。

新型コロナウイルスの科学的な詳細につきまして

新型コロナウイルスにつきましては分析が進んでおり、2020年2月10日に日本ウイルス学会から詳細な説明がされています。

■日本ウイルス学会:新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルスは「エンベロープウイルス」です。脂質性の膜をまとっているウイルスを、エンベロープウイルスといいますが、アルコールでこの膜を壊すことで失活することはよく知られています。

ですので、このレポートで言及されていますとおり、必要以上に恐れる必要はありません。

感染予防を最優先する理由

一方、この記事を執筆している時点では、新型コロナウイルスに対する薬剤やワクチンの開発が追いついていないことには留意する必要があります。

急ピッチで開発に立ち向かってくださっている研究者、関係者のみなさまへ敬意を払わせて頂きつつ、新型コロナウイルスの性質を知ったうえで、感染しないように最善を尽くすことが、今私たちが求められていることと考えております。

感染におきましては、接触感染、飛沫感染(セキ、クシャミ)が、厚生労働省のホームページでも注意喚起されています。

■厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について

また、本ホームページ上には明確な記載がございませんが、エアロゾル感染(空気中に小粒子として浮遊する形での感染)も、海外では議論の対象となっております。

このような理由から、私共は、手洗い・うがいといった接触感染、飛沫感染対策、および、換気・マスク着用といったエアロゾル感染対策の両面を実施しております。講師陣には、2月26日に、動画を用いる形で、正しい手洗いの仕方、マスクの仕方を再確認するように周知しております。

※もしよろしければ、ご覧ください。

アウトブレイクを起こさないために

スポーツクラブ、ビュッフェ、ライブハウスでの小クラスタ型の感染が最近話題となっています。

これは、口を大きくあけるなどの、非常に無防備な状況が起こりうる状況であったことが1つの要因として考えられます。

また、現在マスク不足です。街中へ出ますとマスクを装着されていない方もいらっしゃいます。WHOの指針では、飛沫感染を防止するために、十分距離をとることも推奨されています。

ぜひ、在塾時以外も、塾生の皆様、保護者の皆様、そして私たち全員がアウトブレイクを防止するように、一致団結して行動させて頂ければ何よりでございます。

最新の動向に基づく方針の変更点

先般、未加入生向けの受入体制のご案内をさせて頂きました。

その後、藤沢市、横浜市等をはじめとする神奈川県の各自治体の放課後児童クラブ等が、学童の受入を実施する動きが出て参りました。

そこで、当塾は方針を変更し、未加入生の対象を以下に変更致します。

・塾生の皆様、保護者の皆様からのご紹介(ご兄弟、ご姉妹、ご友人)
・講師へ直接相談(本当に必要な方のみ)

何卒、よろしくお願い申し上げます。

昼間受入ページへ

今後の方針につきまして

みんなの塾の講師一同、上述のような新型コロナウイルスの科学的な特性を知ったうえで、安全対策を行い、塾生の皆様が学習に集中できるように徹しております。

突然の休校期間、1日1日を有意義に過ごすことができるよう、講師一同、継続してサポートして参ります。引き続き、どうぞよろしくお願い致します。