5日目の開講に向けて(小さな教室、大きな夢)【2020/3/6-0時時点】

お知らせ

平素お世話になっております。

2020年3月2日から臨時的に営業時間を日中へ変更し、4日目を無事終えることができました。ひとえに皆様の安全衛生面のご協力の賜物でございます。改めて、感謝の程、お伝え申し上げます。

5日目も引き続き、安全面に十分に配慮させて頂きながら、開講させて頂く方針でございます。何卒、よろしくお願い申し上げます。

さて、一昨日は衛生面(科学的な根拠に基づいた正しい安全衛生対策)、昨日は学習面(脳科学的見地からの教育への影響)から、当社方針の背景について、ご紹介させて頂いて参りました。

本日は、3つ目、そして最後のパートですが、社会調和に関する論点でございます。

近江商人の有名な言葉に「三方よし」というものがございます。

すなわち「売り手によし、買い手によし、世間によし」ということでございますが、私共の今回の判断が、例え、塾生・保護者の皆様と私共の間で理にかなったものだったとしましても、社会を無視したものになっていないか、独善的なものになっていないかという精査は不可欠だと考えておりました。

皆様におかれましては、やや蛇足気味な内容になるかと存じますが、社会調和に対する私共の姿勢につきましても、補足レベルで恐縮ですが、ご紹介させて頂ければと思っております。

小さな教室、大きな夢

ガバナンスイノベーション

2019年12月に、経済産業省から「GOVERNANCE INNOVATION」というタイトルの報告書が発布されました。

■経済産業省:GOVERNANCE INNOVATION: Society5.0の時代における法とアーキテクチャのリ・デザイン

「GOVERNANCE INNOVATION」には、以下のようなことが書かれています。(18~19ページ)

  • 国が一律でルールを決めるのは限界
  • 国がこれが正しいか確証をもてない
  • 社会が複雑化してルール作りのスピードが追い付かない
  • 国も一般企業も水平的な立場の柔軟なガバナンスが必要


*同報告書から画像引用(著作権法32条の第2項に準拠)

皆様も「Society5.0」、あるいは「GAFA」「BATH」といった言葉をご存じかもしれません。

国よりも情報優位性がある「Google」「Amazon」「Facebook」「Apple」「Baidu」「Alibaba」「Tencent」「Huawei」などの企業が台頭してきたことや、「ブロックチェーン」のような統制方法が出てきたことにより、今までの中央集権式のガバナンスから、個別協調的なガバナンスへの革新が、社会的に求められるようになりました。

私共としましても、このような社会的な変化の流れを斟酌し、どのように社会に調和していくべきかを考え、行動へ活かそうと努めている最中でございます。

私たちができること

「GOVERNANCE INNOVATION」の方針に則って考えますと、塾生・ご家族の皆様の現状や地域特性等の情報優位性を活かさず、疑いもなく政府の方針や社会の流れに「右へならえ」をすることが、社会調和に対してかえって無関心、無責任であるように私共は感じました。

そして、今、必要なことは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎ、薬剤、ワクチンが一般家庭まで普及できるインフラが整うまでの期間、社会全体で持ちこたえることとも考えております。

そこで、私共はご家庭だけでの対策が難しい場合には、差し出がましつつも手を差し伸べさせて頂き、通学がかえって危険になる場合には遠隔でサポートさせて頂けるような現体制が、社会調和の中でも妥当という判断に至りました。

現在、私共は「GAFA」よりもずっと小さな教室で運営しておりますが、教室の中には「GAFA」に負けないほどの大きな夢がたくさん詰まっていることは、講師の誰もが理解させて頂いているところでございます。

そして、皆様の夢は表裏一体となって、私共の夢でもございます。

この夢の道を一緒に紡ぎあげていけますように、厳重な安全衛生体制のもと、可能な限り継続していくことが、私共のできる社会貢献方法だと考えております。ご理解を賜れますと幸いでございます。

今後に向けて

連日にわたり、当社方針の背景につきましての記事、ご覧頂きありがとうございました。少しでも、ご不明だった点、ご不安だった点が解消できるものとなれば、幸いでございます。

また、この判断に至った1週間前と、現在とでは状況も変わりつつあると考えております。非常事態宣言や行政指導、あるいは、それに至らないレベルでも危険と判断される場合は、躊躇なく休講措置を実施して参ります。

一方、必要以上に不安や恐怖に怯えることなく、毎日を過ごしていくことも大切です。どうしても不安にかられてしまうときは、一昨日の記事を、ぜひ読み返して頂ければと思います。

本日で、いよいよ5日目を迎えます。

ここ数日は、気温の寒暖差も激しい日々が続いておりますが、ぜひ、継続して健康管理にはお気をつけて頂ければと思います。

どうぞ、引き続きよろしくお願いいたします。