東大生・京大生がおすすめする勉強法を紹介!

みん塾通信

みなさん、こんにちは!
みんなの塾の吉田です。

今回は中高生のみなさんに、受験のスペシャリストである “東大生・京大生” がオススメする勉強法をご紹介します!

塗って楽しい見て嬉しい「ぬり絵勉強法」

そもそも勉強の仕方どうこう以前に、勉強のやる気が起きない!こんな悩みを持つ学生はとても多いと思います(自分もそうでした)。勉強しようと思いつつも漫画やテレビのリモコンに手が伸びてしまう・・・そんな毎日。痛いほどわかります。

そんな皆さんにオススメしたいのが、この「ぬり絵勉強法」です。やり方はとても簡単、色ペンと方眼紙を用意して、15分勉強するごとに1マスずつ塗っていくだけ。

目に見える形で、今までの勉強に対する努力が積み上がっていくのはもちろん、科目ごとに色分けすれば勉強のバランスまでもが一発でわかるという素晴らしい一面もあるのです。この勉強法は中高生だけではなく、資格勉強など社会人になった後でも使えます!

余談ですが、なんとこの「ぬり絵勉強法」はスマホでダウンロードできるアプリにもなっています。以下のURLよりダウンロードできるので、皆さんもぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

「コソ勉」の使い方から評判まで…人気アプリを徹底解剖! | だいぶつ先生ネット
受験勉強に役立つスマホアプリの代表格「コソ勉」の使い方からユーザ評価まで・・・筆者が実際に使ってみた感想を交えてお伝えします。シンプルな機能と使い方だからこその汎用性が特徴。ハマれば教員採用試験対策でも十分に使えます。

勉強のお供に!「ストップウォッチ勉強法」

次に紹介する勉強法は、かなり単純で古典的。
勉強を初めても、なんだかダラダラしてしまう。集中力がなかなか続かない。気がついたら3時間も経ってるけど、問題集は2ページしか進んでない・・・。
そんな時、モチベーションを高めて効率よくテキパキと勉強を進めるのに有効なのが、このストップウォッチ勉強法です!!

東大合格者にも、常にストップウォッチをそばに置いて勉強をする人は非常に多いそうです。先ほどのぬり絵勉強法と組み合わせて使って、1日の勉強時間を記録していくことで努力の成果が見えやすくなるのはもちろん、制限時間を決めて勉強を進めることで“タイムプレッシャー” の効果が働き、勉強の効率もグングン上がっていきます

100均のストップウォッチひとつで取り組める、非常におすすめの勉強法です!

まずは発音から!「とりあえず音読勉強法」

最後は、さらにシンプルな勉強法をご紹介。
とにかく勉強のやる気が出ない、集中力が続かない、そんな時にまず試して見て欲しいのが、この「とりあえず音読勉強法」です!

“とりあえず勉強法”とは英単語の暗記長文問題現代文歴史年号の暗記、どんな教科でもまずは音読から始める勉強法です。
みなさんも、小学校のときに九九を覚える時、何度も声に出して覚えていったはず。「とりあえず音読」もそれと同じ要領でやります。
やり方は簡単で、覚えたい内容や長文を用意して、15分間音読するだけ! とても単純ですが非常に効果のある勉強方なんです。

まとめ

“東大生・京大生” がオススメする勉強法、いかがだったでしょうか?
人によって様々な勉強法がありますが、東大京大生が実践してる勉強保をマネすることで、更に効率アップを狙えるはずです。
なかなか集中力が持続しない時、モチベーションが上がらない時、定期テスト前など、ぜひ試してみてください!