必要なのは「30分」の意識!自宅学習の集中力を上げる!

みん塾通信

みなさんこんにちは!

3月から本格化している外出自粛や各教育機関の
休校措置によって多くの学生の皆さんにとって
自宅学習の時間が増えているのではないでしょうか。

そこで一番問題なのが
自宅で集中できない!!
ということ。

とても分かります。。

しかし、塾の自習室は24時間開いてるわけではないし
座れない場合もある。
むしろ、自習のためだけに塾に行くなら
その時間も勉強したほうが勉強時間は増える、、

仮に1日1時間、家で勉強する時間を増やせれば、
半年で180時間
→1日6時間勉強する人にとっては1か月分
も勉強時間を増やすことができます。

つまり、勉強をできるようになりたければ
自宅で勉強する力
をつける必要があるのです。

そこで、まずはどうして自宅では集中できないのか
その原因を見ていきましょう。

自宅で集中できない原因とは?

何と言っても
誘惑が多い
の一言に尽きるのではないでしょうか。

スマホ、漫画、おやつ、暖かいベッドなどなど、、
まずはこれらの誘惑をなるべく断ち切って
勉強に最適な環境を作りましょう。

・スマホは電源を切る/お母さんに預ける
・漫画は見えないところにしまっておく(本棚に布をかける)
・自分の部屋ではなくリビングで勉強する
などなど

とにかく、自分が気になってしまうものは
家の人にも協力してもらいながら
集中力を邪魔する要因を取り除いていきましょう。

意識するのは「25分+5分」!

そしてここからが本題です。

勉強するときに、やることだけは決めているけど
あとはひたすら頑張るんだ!と勉強を
進めてないでしょうか?

科学的にも人間は長時間の集中を続けることが
難しい
と言われています。

なので、とにかくやるぞー!という気持ちだけで
勉強を始めてしまうと当然すぐに集中が切れてしまい
気が付いたら勉強ではないことをしてしまっていたり、、

そこでまずは、勉強時間を
「25分+5分のセットを繰り返す」
ということを意識してみましょう。

具体的には

①勉強内容を決める。
②タイマーを25分に設定。
③タイマーが鳴るまで集中して勉強を行う。
④5分間の休憩を取る(勉強とはまったく関係のないことをして脳を休ませる)。
⑤①~④を最大4セット行う。

と進めていきます。

特に重要なのは25分間は何があっても絶対に勉強に集中すること。
最初なかなか25分集中が続かない時は5分から始めてみてもいいです。
とにかく勉強以外のことに気を取られないこと!
(なのでまずは環境づくりが大事になるのですね)

もう一つ重要なことが
しっかり休むこと!
5分間の間はとにかく休憩を取りメリハリをつけるようにしましょう。

ちなみにこの時間管理方法は
ポモドーロテクニック
と呼ばれていて、世界的に実践されているものです。
(ポモドーロはイタリア語で「トマト」を意味します)

調べてみるとたくさん出てくるので、
より自分に合った実践方法を知りたい方は
ぜひ自分でも調べてみてください!

まとめ

自宅で勉強するために大切なことは

①勉強に集中できる環境をつくること
②集中する時間、休憩する時間を細かく繰り返すこと

の2点です!

自宅で勉強することができるようになれば、
塾ではひたすら理解度の確認やわからないところの
質問をするのに時間を使いましょう。

きっとこれまでと違う成果が見えてくるはずですよ!

そして当然みんなの塾では、勉強の内容だけでなく
このような家での学習方法まで丁寧に指導しています。

自分の場合はどうするのが一番いいかな?と思ったら
ぜひ一度みんなの塾へご相談ください!

お問い合わせ
販売セールスは別のページからご連絡ください。