上大岡校(港南中央)

Teachers

講師

仲林講師

人生における幸せの在り方・見つけ方から、今必要な課題に落とし込んでいく指導スタイル。園児から社会人までの教育実地経験有。自己肯定感を促しながら、思考力を鍛え、勉強を習慣化させていくことが特長。自身も1日16時間の学習で現役合格。横浜国立大学教育人間科学部出身。小中高教員免許保有。

仲林講師のみん塾通信一覧へ

関講師

国体出場と大学受験を両立させた実体験を基盤とした文武両道型育成コーチングに強み。「普通」から「選ばれる存在」になっていく努力型アプローチの体現者。当事者であった経験から、同じ視点にたった幅広い悩みに対応可。「七転び八起き」の精神で学生時代に訪れる挫折を支える「やさしくて力持ち」型講師。

関講師のみん塾通信一覧へ

中川講師

「ごく普通の私」を「思いを成し遂げる私」へ転換していくプロセスを一緒に築いていく教育スタイル。原体験はイギリスへの留学経験。「何も話せなかった私」から「思いを伝えられる私」への自己革命経験を注入中。国際文化・観光分野・実践英語に強み。海外客向け観光農園実地経験有。教員免許保有(中学)。

中川講師のみん塾通信一覧へ

Solutions

例えば、こんな悩みにお応えしています。

みんなの塾・上大岡校では、横浜国立大学はもちろん他の難関大学へも十分到達できるレベルの教育を行っています。私(仲林)自身が現役合格した実績はもちろん、その後の教育課程の4年間などで研究を深めてきたことや、塾長をはじめ、他講師と協力しあいながら、そのノウハウを高め合ってきたことが背景にあります。また、「思考力」を鍛え上げていくことを指導方針の土台としています。尚、私共がご提供させて頂く教育は「点数稼ぎのテクニック」のような対処療法的なものではございません。場当たり的な受験勉強ではなく、勉強時間の一滴一滴が、将来の自己形成を創る財産となるように努めております。
英語と国語が苦手な原因は、他の教科よりも「現状の理解レベルと授業レベル」のギャップが相対的に大きいためです。特別な心配はいりません。必ずできるようになります。他の得意教科と同じく、「自分の現状を知り、入試問題を知り、そのギャップを埋め合わせていくように強化する」ことで苦手教科を得意教科にすることができます。ですが、1点だけ気をつける必要があります。それは、数学のようにテーマの積み上げで理解を深めていく学問と異なり、言語系はテーマ分類が、基本的にあいまいという点です。ですので、この分野特性の違いを考慮しないままの学習計画では、時間ばかりを消耗してしまいます。みんなの塾・上大岡校は、理解度を確認し、個別の成長にフィットする学習計画を練りあげます。最大効率を求めたいとお考えでしたら、ぜひ一度、ご相談にいらっしゃってください。どういう単元で力をつけていくかが明快になるはずです。
みんなの塾は、自分の目標にまっすぐ向かえる塾です。また、医療看護系の大学へも続々と合格者が出ております。小学生、中学生、高校生と経過していくと、進路が友達と徐々に分かれていきます。そして、今、そのタイミングが来たのだと思います。進路によって身につけるべきものは、当然変わっていきます。ですので、学業の面ではお友達に引っ張られ過ぎないように、自分の目標に正直に突き進める環境を、ぜひ選んでみてください。みんなの塾・上大岡校は、そのためのサポートは惜しみません。
環境学を専攻するために、理系に進みたいという意思が強固なものであれば大丈夫です。人生の早い段階でいろんな可能性を考えることはとても素晴らしいことです。一方、現実的な問題としましては、文系で学ぶ数学と、理系で学ぶ数学は、問題自体の難易度が異なることがあげられます。また、理系は全般的に数学が得意な生徒数が多くなりますので、大学入試で求められるレベルも高くなります。尚、環境分野を学びたいという熱い思いが揺らがないものでしたら、受験は十分にやり通せると思います。またその思いを、自分の口できちんと伝えられれば、学校も理系への転身を尊重してくださるでしょう。もちろん、私共も徹底してサポートします。
スマホ依存症であるかを見極めながら、徐々に学習へ比重をかけていくように促します。また、スマホへの依存度が高い場合は、講師へ利用希望を申告のうえ「単語アプリ」を利用するなどの方法で、欲求を一時的に発散させ、学習に集中できるようにガイドします。将来の目標を基準に、今、何が必要なのかという話合いを通じ、理性でスマホの欲求をコントロールできるようになるようガイド致します。
みんなの塾は、個別のご事情に即したきめ細やかな対応力を実現するために、正社員プロ講師が個別指導を担当しています。前塾での状況やこれからの目標などを、面談の中でお話できれば、前塾から途切れ目のない形で、更なる成長を継続させることができます。集団授業を実施している大手予備校などでは、どうしても、学生側が塾の授業に合わせざるを得なかったりします。環境の変化に加え、このような対応が重なると、その「途切れ目」で躓いてしまう恐れもあります。みんなの塾への転塾も、1つの転換点ではありますが、大手予備校のようなプレッシャーはほとんど感じることはないと思います。他塾からの転塾生も多く在籍しておりますので、ぜひ、安心してご相談にお越し頂ければと思います。
学年順位が低迷してしまう原因は複数考えられます。「勉強が分からない」「どうしてもやる気がしない」「ほかにやりたいことがあって出来ない」などです。ですので、まずはこの原因を明らかにすることから始めます。また、なかなか多感な時期でもあります。私共は、本人の現状を尊重し、心を開いてお話できるようなところから始めて参ります。そして、一つ一つ不安を解消しつつ、心の奥底から自信を取り戻せるように努めます。その上で、基礎から再構築していく計画、カリキュラムを準備し、学年順位の向上を目指します。
学校や他塾の集団教育では、学力が真ん中のレベルの子供たちを伸ばすことを考えて設計されています。そのため、優秀であれば、やはり授業に退屈してしまいます。一方、横浜翠嵐高校を目指す場合、学年でトップであったとしても油断は禁物です。ですので、みんなの塾では、目標校水準でどんどん先取り学習を進めるようにガイドします。学校の進度に無理に合わせるようなことはしません。目安として中3の夏頃までに中学生の学習範囲は網羅すれば、秋から入試・特色検査対策に時間を割くことができます。神奈川県の過去問を10年分解いたり、47都道府県の過去問を解いて、どんな問題にも対応できる力を定着させることができます。もちろん、定期テスト直前には、一時的に対策をとり、それ以外の期間は、先取り学習と入試対策に充てることで、より盤石になります。みんなの塾は、塾生が主役のカリキュラムが強みです。勉強が得意でも、苦手でも、価値を感じて頂けるかと思います。
「見えない相手との戦い」に不安を感じることは自然なことです。みんなの塾では、そのような不安を解消するために全県模試の受験を行っています。自分の現状の位置がわかると、どの程度の努力量を継続していけばよいかががわかってくるからです。また、高校受験が近づくにつれ、他の志望生も学習を重ねてきます。現状の学習のままでよいか、あるいは更なる努力量が必要なのかの判断は、客観的な指標に基づいた予測を元に、私共は実施しています。不安からくる闇雲な学習で足元を救われたくないとお考えでしたら、ぜひ、一度ご相談にいらっしゃってください。不安が解消し、学習により集中できるようになるはずです。
部活で鍛えてきた忍耐力や、戦略的な思考を、学習へ転化して、ご自身の可能性を最大限活かせるように学習戦略を練らせて頂きます。志望校も、ご本人が学習に打ち込み成長していくことを考慮しながら、調整していきます。現実的な問題として、神奈川県の公立高校入試は、内申点の配分が大きい特徴があります。そのような条件下で、目標校を明確化し、どのように向かうのか、個別の事情にあった計画を提供し、計画の実行を支援致します。今まで以上の成長にご期待頂ければと思います。
みんなの塾で、正しい勉強方法が身につけば、一生懸命な性格から自然とテストの点数はあがります。そして、現時点で一生懸命に取り組んでいる姿勢がみられることは、何よりの宝物です。親御様のほうからも、ぜひ褒めて差し上げてください。そして、なかなか努力が成果につながらないまま、モチベーションが損なわれてしまわないよう、速やかに正しい勉強の仕方を定着させるように修正して参ります。「丸つけで終わる」「まとめのデザインにこりすぎる」など、努力が成果に結びつかない学習には特徴があります。どこに力を入れれば、成果につながるかを教示させて頂きながら、目の前のテストはもちろん、その先の学習においても役立つ習慣につなげていきます。
小中高一貫校の勉強の進度は、公立に比べかなり早いものとなりますので、学校の進度に合わせて、学習していくことが大切になります。例えば、小学生高学年では、中学入学組に合わせ、授業内容が中学受験の内容に近くなるように変わっていきます。そのような今後の流れを想定しながら、小学校1年生から論理パズルや空間パズルのような脳を鍛える練習をしておくこともお勧めです。当塾では、学校のご事情、ご家庭のご事情、そして、お子様のご事情にあった完全個別対応を行っております。一人一人に合わせたカリキュラムをご提供させて頂く形で対応しております。
小5の壁という現象ですね。小学校高学年は、分量も難易度も一気に上がります。そのため、点数が取れなくなったと感じやすいです。一般的な現象ですので、適切に対処していけば、大丈夫です。その対処法ですが、まずは、小学校1~4年生の単元でまだ苦手としているもの、忘れてしまっているものを振り返り、弱点を埋めていくことから始めます。そして、その知識を土台にして、小5以降の学習で必要なプラスアルファの考え方を身につけていきます。例えば、掛け算では、小4程度までは、3×4という問題に12と答えられれば十分です。一方、小5以降は、約分、最大公約数へ対応するため、12から、3×4と2×6を導出していく発想が必要です。実際、掛け算のトレーニングを行い、小5の壁を突破できたケースはよくあります。
小学生の高学年くらいに成長して参りますと、些細なきっかけで勉強が好きになったり、嫌いになったりしてしまいます。また、自分意志が強くなり、親御様の指示で学習に向わせるのも難しくなってきます。では、勉強習慣や持続性を身につけるためには、どう接するべきかと言いますと、よくお子様のお話を聞き、できるようになったことを思いっきり褒めてあげることがおすすめです。「ここさっきまでできなかったのに、今はもう完璧だね!」などと声をかけることによって、承認欲求に応えていきます。すると、勉強への印象も好転し、あきらめることも徐々になくなってきます。また、いきなり答えまでは言わずに、方法だけを伝えてあげることで、自主的に解を求められる方向へ誘導することもポイントです。最初は、学習意欲を醸成するためのある程度の誘導が必要ですが、最終的には意識が変わり、自主的に取り組めるようになります。
スマホには、面白いコンテンツが詰まっていますので、ハマってしまっているようですね。時間を決めて少しだけやらせてあげるのがいいと思います。また、スマホの見過ぎは目に悪影響がありますのでご注意ください。スマホから勉強へのシフトには、勉強を楽しいものと思えるかがポイントになります。些細なことで興味が変わる年頃ですので、できるようになったという経験を積み重ねていくことが大切です。まずは、簡単な問題から、自分で答えを導いてもらいます。そして、「天才だね。頭がいい!」などと思い切り、褒め続けていきます。すると、充実感が出てきて勉強に対して前向きになってきます。これを繰り返していくことで本当の学力にもつながっていきます。尚、あまり過度にやりすぎますと、ストレスになってしまうこともありますので、ご本人の様子を見ながら、褒め続けることをお勧めします。
当塾は、時間割設定はかなり融通が利きます。また、勉強との両立は、気持ちを切り替えて、集中していくことも重要です。部活も、勉強も、脳科学上、「やらない期間」をできるだけ作らないことが上達するコツです。みんなの塾・上大岡校は、このような脳科学的な見地に立ち、最高のアウトプットが生まれるように、最適な学習方法を個別の事情に合わせて設定します。私共のように、個別の事情に合わせ、とことん柔軟なコントロールができる塾は、なかなか珍しい存在かもしれません。みんなの塾は、講師の指導における自由裁量が大きく認められていることが特長です。私(関)も、バレーボールで国体へ出場した経験もあり、文武両道を目指すときの「あるある」をよく理解している一人です。ぜひ、お気兼ねなくご相談くださいませ。きっと夢実現に随分近づくことができるものと思います。
ご本人が大学に進学したいという気持ちが芽生えていらっしゃるようでしたら、最大限サポートさせていただきます。引け目を感じる必要は全くございません。ご本人が大学受験をしたいという意思さえあれば、最後までやり切れると思います。これまで幾人もの不登校や引きこもりの皆様の指導に携わってきた経験がございますが、皆様、素直で純粋です。それだけに、勉強も少しずつ出来るようになります。また、正直なところ、少し気を配っておきたい点もございます。受験当日にプレッシャーで受験をしなかったり、ストレスがかかりすぎると通塾を中断してしまう可能性があることです。私共は個別に寄り添って指導にあたる塾でございます。受験に向けて徐々に、慣れていって頂けるように、ストレス等に気を配りながら指導にあたらせて頂きます。
社会人になってから、もう一度勉強をしようという姿勢が何より素敵です。ぜひ、成就されるようにご支援させて頂きたく思います。看護学科を目指していらっしゃるのですね。まずは、勉強に慣れていくことからスタートします。あせらずに、中学生くらいの問題から、総復習をしていきましょう。一年ごとの総まとめを解いて、間違えている箇所が出てきたら、そこの穴埋めをし、最短で抜け漏れを見つけ、補っていきます。また、社会人でいらっしゃりますと、時間帯の工面も必要かと思います。当塾は、時間割も細かく設定できますので、ご都合につきましても、ぜひ、ご相談ください。

Classroom

教室

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

Our Style

教育スタイル

自ら学ぶ手法の全てを

勉強をするうえで、大切なことは知識の習得だけではありません。何を探求したいのかを自らの意思で探し、何を学ぶべきかを考え、どのようにすれば習得できるかを計画し、モチベーションを維持しつつ、繰り返し学習に励んていく習慣を身につけることも必要です。昨今は、知識をわかりやすく吸収できる映像授業やアプリ教材などがあります。しかし、それらを活用して、知識を会得していくためには、自己管理意識をかなり高い水準で維持できなければ難しいです。人生の多感な時期に、これはとても大変なことです。様々な誘惑から自分を律する一方、自分を追い詰め過ぎないようにするバランス感覚がとても大事です。私たち、みんなの塾の講師は、こういった生き方の根源となる「勉強の仕方」を指導します。

自己肯定を大切に

「小さなできた」を積み重ねられるように指導しています。わからない問題があっても生徒自身で解答を見つけ出せるように促すことで成功体験を掴むことができます。先生が教えすぎてしまうと生徒はそれに甘えて自ら考えることをやめてしまいます。そこでたくさんのヒントや考える材料をあげ、生徒が自ら考えられるように指導することを最も大切にしています。最初は、自信なさそうに問題を解いていた生徒が指導を重ねるうちに、解けた喜びを表してくれる瞬間が講師として一番嬉しい瞬間です。初めて逆上がりができるようになった、初めて自転車に乗れるようになった、そんな感覚を勉強でも味わうことができます。まずは、そのできた喜びをつかむところから、学習が始まると考えています。

可能性を信じきる

先生から「君には無理だ。」と言われた経験はありませんか?私たち(仲林・関・中川)は、あります。ですが、私たちは自分の可能性を信じきり、横浜国立大学の合格(仲林)や国体への出場(関)、実践英語の習得(中川)を成し遂げてきました。私たち、みんなの塾は「一生使える学習力をつける」をコンセプトに教育指導にあたらせて頂いております。そして、この教育指針の背景には、どんなときも自分の可能性を信じきれる屈強な心を宿していく使命と、どんな先生よりもよき理解者でありたいという思いがあります。冒頭の通り、私たちは逆境をバネに夢を実現してきたプロ講師チームです。「勉強の仕方」はもちろん、その先の生き方にも寄り添わせて頂きながら、可能性の覚醒を支援していきます。

Appearance

外観

Access

アクセス

住所
〒233-0004
神奈川県横浜市港南区港南中央通8-41
杉本ビル201
電話
TEL: 045-353-9476
最寄り駅
横浜市営地下鉄ブルーライン 港南中央駅 徒歩2分
駐輪場
10台程度