茅ケ崎北陵高校の紹介・受験内申対策

みん塾通信

BLOG

2021.10.27

みん塾通信

高校入試

湘南台本部校

藤沢校

平塚校

上大岡校

テーマ:

【2022年度版最新】人気校!茅ケ崎北陵高校の紹介・受験内申対策


神奈川県立茅ケ崎北陵高等学校は、神奈川県茅ヶ崎市下寺尾に所在する県立の高等学校です。
地元では「北陵(ほくりょう)」と呼ばれています。

学校の特色

茅ケ崎北陵高校は神奈川県より学力向上進学重点校エントリー校に指定されています。
1学年は必修科目で基礎学力を充実させ、2学年では必修科目に加えて、一部は選択科目の履修により基礎学力の定着に努めます。3学年では選択科目を多く設置し、多様な進路に応じて専門性の高い学習を行います。
また学習面における工夫も多く見られます。1学年の英語表現Ⅰの授業では、クラスを2分割した少人数制を導入し、週に1回程度ネイティブスピーカーによる授業を行っています。一方2学年の数学Ⅱでは、生徒の希望に基づくクラス分割を行い習熟度別授業を展開しています。年度の途中でクラス変更も可能なため、自分の習熟度に合わせて学習できるのは魅力の1つと言えるでしょう。

活発な部活動

約30もの部活動があり、生徒の90%以上が部活動に参加するなど活動が盛んです。運動部はバスケットボール・ソフトテニス・テニス・ハンドボール・バドミントン・剣道部など男女それぞれで部活動があるのが特徴的です。文化部も、吹奏楽部や英語部などをはじめ、バリエーションが豊富で生徒それぞれにあった部活動が揃っています。

充実した学校行事

体育祭・球技大会・マラソン大会・文化祭・合唱コンクールなど、思い出に残る行事が目白押しです。また、特徴的な行事の一つである鶴嶺高校との部活対抗戦は毎年大いに盛り上がります。

茅ケ崎北陵高校の受験データ

↓2019年度
偏差値(62)
平均内申点(117.1)
入試平均点(359)
参考:http://furo.fc2web.com/chigasaki-hokuryo.html

↓2020年度
募集(278)
受験者(342)
合格者(278)
倍率(1.23)
参考:http://furo.fc2web.com/chigasaki-hokuryo.html

↓2021年度(最新)
募集(278)
受験者(359)
合格者(278)
倍率(1.29)
参考:http://furo.fc2web.com/chigasaki-hokuryo.html

分析結果

2019年から2021年の結果を分析すると、倍率は1.29と標準的な数値になっています。偏差値のレベルや倍率が近い海老名高校と比較すると、入試当日点はやや高い数値が要求されます。

内申点対策

中1~2の生徒は、学校の授業スピードに合わせて学習を進め、日頃からテスト対策や提出物の管理などを行い、内申点を38~40/45程度を目指しましょう。この数値は主要5科目だけではなく副教科4科目にも力を入れて、計画的に内申点UPを目指して学習を進めることが重要です。みんなの塾では、生徒ひとりひとりの学習状況に合わせてカリキュラムを設計しておりますので、お気軽にご相談ください。
https://minjuku.info/course/junior/

入試対策

内申点が平均の117.1点付近の場合、359点程度が必要になります。1科目あたり平均72点を取れれば合格できる計算で、これは基礎に加えてやや発展の問題も挑戦できる学力が必要になってくる点数です。具体的にどの科目でどの問題で点数を取るのか、どこを重点的に勉強する必要があるのか、戦略的に学習を取り組む必要があります。
面接に関しては、公開されているすべての受験者(合格者・不合格者含む)が100点中98点~100点と差がつかないので、特殊な対策は必要ありません。受験前に当日の面接を想定した練習をしておきましょう。

特色検査対策

茅ケ崎北陵高校の特色検査は英語・国語の読解に加えて教科横断型の思考力がよく問われます。対策としては「何を聞かれているのか」の本質的な部分を考え、思考プロセスを丁寧に説明できる状態を目指すことが必要になってきます。茅ケ崎北陵高校合格者の特色検査平均点が45.84点です。この点数に届かずとも、共通試験の点数や内申点次第で合格している事例もありますが、対策の必要性が非常に高いことは言うまでもありません。みんなの塾では特色検査にも十分対応できるよう、コーチングを活用した指導にも力を入れております。

茅ケ崎北陵高校の進学状況

令和3年度の実績では国公立大学の合格者数が32名で、私立大学の合格総数は765件となっています。過去5年間の進学率は算出されていないものの、ほとんどの生徒が大学進学を選択されていると考えられます。偏差値のレベルや倍率が近い海老名高校と比較すると、令和3年度では茅ケ崎北陵高校の国公立大学への合格者数は数値が高く、私立大学への合格数は数値が低い実績となっております。
参考:https://www.pen-kanagawa.ed.jp/chigasakihokuryo-h/shinro/documents/2020goukaku_jyoukyou.pdf

茅ケ崎北陵高校出身の有名人

作家、スポーツ選手、宇宙飛行士など、幅広い分野で活躍する人物を多く輩出しています。
上杉謙太郎(政治家、衆議院議員)
木村俊雄(政治家、寒川町長)
佐川光晴(作家)
関真也(弁護士)
徳田章(元NHKアナウンサー)
中澤系(歌人)
鳴神響一(小説家)
根本雄伯(ホルン奏者、作曲家、指揮者)
野口聡一(宇宙飛行士)
藤井南美(気象予報士)
藤田安澄(フットサル選手)
別府匠(自転車プロロードレース選手、愛三工業レーシング監督)
三澤拓哉(映画監督)
ミマス(歌手、作曲家)

茅ケ崎北陵高校の受験対策のポイント

茅ケ崎北陵高校の受験のポイントは共通試験と特色検査です。共通試験の点数が内申点より重視されるものの、当日点をカバーしてくれることを考えると内申点も上げておくに越したことはありません。また、少しでも合格の可能性を上げるためにも、特色検査の対策を並行して行っていくことが重要です。