8日目の開講に向けて(来週から通常時間へ)【2020/3/11-7時時点】

お知らせ

平素お世話になっております。

7日目も無事開講をすることができました。8日目も引き続き、安全面に十分に配慮させて頂きながら、開講させて頂く方針でございます。何卒、よろしくお願い申し上げます。

また、来週からは通常の営業時間に変更する予定でございます。併せてお知らせ申し上げます。

昨日、「新型インフルエンザ対策特別措置法改正案」が閣議決定されました。13日に改正法が成立する見込みです。緊急時には、首相が期間と区域を指定した上で緊急事態を宣言し、都道府県知事による外出自粛要請、人が集まる施設の使用制限、土地・建物の強制収用などが可能になります。

一方、現状としましては、「本日(3月9日)時点での日本の状況は、爆発的な感染状況には進んでおらず、一定程度持ちこたえている。」との見解が専門家会議から示されています。

そのため、引き続き警戒は維持する必要はあるものの、すぐに緊急事態宣言が発令される状況ではないことが確認できましたので、営業時間を通常時へ変更するという判断に至りました。

尚、当発表をされていらっしゃる尾身茂先生は、感染症分野のプロフェッショナルでいらっしゃいます。

尾身先生のお話によりますと、新型コロナウイルスの感染拡大の性質は、通常のインフルエンザの性質と異なっているとのことです。インフルエンザの場合は、5人の感染者がいた場合、5人が感染元になって少しずつ広がっていく傾向にありますが、新型コロナウイルスの場合、5人のうち4人は感染にならない傾向にあるそうです。ただ、残った1人が大勢の人に感染させてしまう傾向にあります。

そのため、「閉鎖された人混みのたくさんいる空間」にいると、この1人にあたる確率が高くなりますので、ライブハウスやジムのようなリスクの高い場所への行動を制御することが重要との見解です。

一方、私共の教室は、このような科学的な背景を理解させて頂きましたうえで、開放的な換気のうえ、混雑にならないように配慮させて頂きながら運営しております。

引き続き、安全衛生面を厳重に管理しつつ、開講して参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。