【理系のスペシャリスト】上田先生ってどんなひと?インタビューしてきました!|みん塾通信|みんなの塾

みん塾通信

BLOG

2024.01.30

講師紹介

みん塾通信

テーマ:

【理系のスペシャリスト】上田先生ってどんなひと?インタビューしてきました!

今回は上田(うえた)先生の紹介記事です!

上田先生の強みって何ですか?

指導において、まず理系科目に強みがあります。物理や化学の受験経験を生かし、大学院では生物の研究を行いました。暗記が必要な生物科目においても、効果的な学習順序や方法を理解しており、その経験をもとに、わかりやすく指導できます。

また、生徒へのメンタルケアも得意で、どんな生徒とも協力し長所を引き出すよう心がけています。勉強で苦しむ生徒には、取り組んだ姿勢や進歩した点など肯定的な側面を強調し、モチベーションを向上させることができると考えています。

 

指導の中で大切にしていることは何ですか?

ティーチングとコーチングの使い分けですね。生徒の学力に合わせて、与えるものが答え(ティーチング)なのか、ヒント(コーチング)なのかを生徒と話しながらいかに使い分けられるかが大事だと思います。

また、学習の過程で出来ないことが多々あると思うのですが、その際に「間違っているからダメ」ではなく、「自分の弱点が見つかってよかった。これで勉強する箇所が明確になった」ということを生徒に強調することですね。何回も間違えるとか、本番で間違えるのはダメですが、学習過程での間違いはむしろいいもの、という認識を生徒に持ってほしいと思っています。

働いて感じるみんなの塾の良さは何ですか?

授業中にクラシックが流れていて、リラックスした状態で勉強できるところですね。実際講師として教室にいてもその効果は感じます。ノイズになりすぎず、かといって張り詰めすぎて緊張した空気にもならずの絶妙な塩梅になっているのはまずこの影響があるからだと思います。

また、生徒に「勉強方法」を伝えられることもありますね。「何かを理解するときにはどういった手順を踏むのが良いか」という学習時のルールを伝えられることにとてもやりがいを感じます。大人になってからも何かを学ぶ機会があり、時には内容が難しいものもありますが、ここでの経験を生かしてほしいなと心から思います。

 

趣味を教えてください!

野球観戦ですね!横浜ファンなので、シーズン中は数回ハマスタに行って楽しんでます。ただこれまで予定していたうち半分ぐらい雨天中止だったので、野球観戦に関しては悲しいぐらいの雨男ですね(笑)

テレビ観戦との違いは、内野ゴロとか外野フライでも結構ダイナミックというか、選手の動き1 つ 1 つに躍動感があって楽しいんですよね。テレビの観戦だと絶対味わえないものだと思います。特に屋外球場の爽快感は、他には代えがたいものです。こういったリフレッシュのおかげで頭がすっきりして、仕事もまた頑張ろうって思えますね。。

生徒へのメッセージをお願いします!

こんにちは。皆さんは「勉強の成績をあげろ」と目的は言われるものの、「どういう方法なら成績が上がるか」という具体的な過程については教えられないまま勉強していると思います。年齢を考えても、 10 代半ばでその過程の部分に精通した生徒はほぼいないのではないかと思います。だからこそ、当塾を利用してもらって知識の習得のみではなく学習方法の習得もしてもらえればと思います。勉強は泥臭いものですが、正しい方法で臨めば結果は出ます。がんばりましょう、自分が背中を押します!