やればできる‼️努力したくてたまらなくなる方法‼️ 〜才能vs努力〜

みん塾通信

みなさんこんにちは!!

みんなの塾の鈴木です。

努力は好きですか?

才能のある人を羨んだりしていませんか?

才能があれば・・・なんて妄想することもあると思います。

裏ましいと思うこともあるでしょう。

でも、羨んでも現状は打破できない!!

人生は努力だ!!

ということで、

本日は努力がしたくなる方法について

スタンフォード大学のキャロルドウェック教授の研究

を元にお話しします。

Carol Dweck - Wikipedia

2つのマインドセット

世の中には2つのマインドセットがあります。

フィックストマインドセット

1つ目は「フィックストマインドセット」です。

このマインドセットは、

自分の能力は石板に刻まれたように固定的で変わらないという信念のことです。

この信念を持つ人は自分の優越性を確認することに固執していて他者からの評価や失敗を

とても気にしています。

だから一度の失敗にすぐに落ち込む傾向にあります。

生まれつきの才能が全てであって自分に能力がないと知ることを恐れて

常に安全確実なものにしか取り組まない

難しそうなもの・やったことがないことは、

やりたがらないとういマインドセットです。

グロースマインドセット

2つめは「グロースマインドセット」です。

このマインドセットは、

人間の基本的性質は

努力次第で伸ばすことができるという信念です。

失敗を受け入れていくということで

成長していくタイプです。

結果よりも自分がベストを尽くせるかどうかを

大事にしています。

努力こそが人を賢くし、有能にすると考えています。

何もためさずに行動しないこと

過去の経験からなにも学ばないことを

唯一の失敗と考えています。

マインドセットを切り替える方法

「グロースマインドセット」

がいいというのはわかって頂いたかと思います。

みなさんどちらですか?

私、「フィックストマインドセット」だ!!

って方、大丈夫です。

切り替える方法があります。

保護者の方は、「グロースマインドセット」をもった子に育ってほしいと

考える方多いと思います。

ではどうすればいいんでしょうか。

褒め方を工夫する

どういった努力を選択して、

どれくらいの量をやったのか

を褒めます。

もちろん、自分で自分を褒めても有効です!!

例えば、試験でいい点を取ったときに

「頭がいいね!!」

と褒めるのではなく、

「毎日、勉強したもんね!!頑張ったね!!」

と褒めるということです。

具体的だともっといいですね。

例えば、

・この前は、1週間前からやった勉強をしたてたけど今回は2週間前からやった

・間違えた問題を全てやり直した

など、結果ではなくプロセスを褒めることです!!

努力を褒めることにより、

努力すると褒められる!!

努力してる自分すごい!!

と努力がしたくてたまらなくなります。

褒め方を間違えると・・・

結果に意識を向け、

「頭がいいね!!」

と褒めた場合はどうなるでしょうか。

才能、生まれつきの能力を褒められたと思い、

世の中才能、天才が勝つんだな・・・

と思ってしまいます。(無意識に・・・)

そして生まれつきの能力なので、努力はしなくなる・・・

という恐ろしい結果に・・・

まとめ

努力が楽しくなる方法について解説しました。

努力・プロセスを褒めることで、

グロースマインドセットになります。

人間の基本的性質は

努力次第で伸ばすことができます!!

人生は努力だ!!

最後に、

キャロル・ドウェック : 必ずできる!― 未来を信じる 「脳の力」

を載せときますね!!

英語の勉強にもなりますので、是非ご覧ください!!

それではまた^^