超個別対応~これまでの個別指導事例のご紹介~【Part1:個性的なK君】

こんにんちは

みんなの塾の仲林でございます。

 

みんなの塾では、生徒の皆さん一人一人に合わせた学習を提供しています。

 

今回は、個性的な特徴を持ち、たくさんの苦労をしながらも、

自分なりの勉強法をみんなの塾で探しているK君についてご紹介します。

 

K君の特徴、性格

 

▼▼ K君本人 ▼▼

 

まずは、K君の得意なことと苦手なことについて。

 

好きなこと、得意なこと:
ゲーム、スマホ、おしゃべり、食べること、ハマったときの集中力、友達や先生を笑わせること

 

苦手なこと:
長い話を黙って聞いて理解すること、きれいに板書を移すこと、集団指示を理解して行動に移すこと、整理整頓

 

学校などの集団一斉授業では付いていくのが難しいお子様でした。

 

また、話すことが好きで、一対一の個別指導塾では、

先生との雑談ばかりになってしまい学習に集中できないこともありました。

 

そんな時に、みんなの塾を見つけていただき、

体験授業での「一人ひとりへの個別対応」を気に入ってくださり、

入塾してくれることになりました。

 

試行錯誤した勉強法

 

K君は英語があまり得意ではありませんでした。

特に、英単語の暗記が苦手で、やりたくないという気持ちが前面に出てしまい、

なかなか進んで学習することが出来ません。

 

また丁寧に書くのが苦手な、K君は、羅列して英単語を書いていると、

徐々に、違う文字に。。。

apple apple applu applu apllu apllu

こんな状況ですね。経験がある方もいるのではないでしょうか。

 

何とか丁寧に書いて、暗記が出来るように、

ここからK君とみんなの塾の努力が始まります。

 

イラスト作戦

 

まずは、絵が好きなK君が、絵を描きながら単語を覚えられるように

イラスト付きの単語練習を始めました。

 

 

K君が実際に書いた、英単語プリントです。

イラストがとっても可愛いですね^^

抽象的な単語に対しても彼なりのイメージでイラストを描いていました。

講師も本人も楽しみながら学習をすることが出来ました。

 

 

鉛筆の持ち方

 

次は鉛筆の持ち方です。

お子様の鉛筆の持ち方が、気になっている保護者の方も多いのではないでしょうか。

 

K君も当初はあまり、上手に鉛筆を持てていませんでした。

そこで使ったアイテムがこちら。

 

 

持つだけで、自然と正しい持ち方に誘導してくれます。

また、力の入れ具合についても自然に習得することが出来ます。

 

藤沢校にありますので、

気になった方は、借りて使ってみてください。

 

 

ソフト下敷き

 

筆圧が薄いのも、K君の悩みでした。

すらすら~っと、消え入りそうな文字で書いてしまいます。

筆圧が薄いとその分、目に入ってくる情報も薄くなり暗記がしにくくなる

と言われています。

 

そこで何とか筆圧をあげようと、声掛けを続けていたのですが、

意識だけで変えるのは、難しいことでした。

 

そこで、また、アイテムが登場します!!

 

 

ソフト下敷きです。

あまり有名ではないので、初めて知る方も多いのではないでしょうか。

 

普通の下敷きとは違い、少し柔らかくできています。

文字を書くと、少し食い込む感覚を味わうことが出来ます。

 

捺印する際に、捺印マットを使うと濃くハンコを押すことが出来ますよね。

固いところだと、強く押してもなかなかきれいに押せません。

 

ソフト下敷きは、捺印マットのように、弱い力で濃く書ける商品です。

筆圧で困っているご家庭はぜひ、導入してみてください。

 

以下、ソフト下敷きについての良い記事を見つけましたので、

読んでみてください。

 

【字がきれいに見える】硬筆用ソフト下敷き おすすめ4選

 

なぞり書き

 

最後に試してみたのが、なぞり書きです。

なぞり書きなんて。。。ってバカにしている人はいませんか?

実は、これすごいんです。

 

一番初めに、Appleのつづりが、徐々に変化してしまう現象について、

お伝えしましたが、なぞり書きであれば、徐々に文字が変わってしまうのを、

防ぐことが出来ます。

 

そして、覚えるのが苦手な生徒にとっては、

ハードルが低くてやりやすいというのもメリットです。

 

 

「覚えるだけでいいんだから覚えてごらん」

これが難しいんですよね。一体何をすればいいのか。。。

 

なぞり書きであれば、とりあえず書くだけ

それならばやろうかなって気持ちになってくれやすいです。

ただ、書くだけで終わりにしてしまったらもったいないです。

 

みんなの塾では必ずテストをしています。

なぞり書きが一枚終わったら、全単語書けるかテストをします。

間違えた単語だけ、さらに何度も練習して、

全てかけるようになったら終了するように指導しています。

 

K君もこのプロセスを50回以上は一緒にやりました。

少しずつですが、英単語が覚えられるようになり、自信が付いてきたようです。

 

 

まとめ(K君の成長)

 

講師からの提案を素直に受け入れてくれるK君は、

常に成長を続けています。

 

英語自体を嫌い、触れようとしなかったK君ですが、

今では、自発的に取り組んでくれるようになりました。

 

K君は、最初英単語の暗記が苦手でしたが、覚えることが得意になり、

最近は、英文を丸々暗記できるようになりました。

 

文法的な理解より、丸暗記が得意になったK君は、なんでも丸暗記しようとしますので、

最近は、理解にも重きを置くように指導スタイルを変更しながら接しています。

 

紹介した様々な取り組みによって成長した面もありますが、

彼を成長させることができた一番の要因は、

 

・彼自身の並々ならぬ頑張りと、
・本人の精神的な成長のタイミングを逃さずに、
家族を含めた周りの大人たちがサポートできたこと

 

だったと思います。

 

みんなの塾には、いろんな特徴の生徒がいます。

学習で悩んでいるご家庭は、ぜひご相談ください。