平塚江南高校の紹介・受験内申対策

みん塾通信

BLOG

2021.11.03

みん塾通信

湘南台本部校

藤沢校

平塚校

上大岡校

テーマ:

【2022年度版最新】人気校!平塚江南高校の紹介・受験内申対策

神奈川県立平塚江南高等学校は、神奈川県平塚市諏訪町に所在する県立の高等学校です。
みんなの塾でも、目標校に掲げる生徒のいる人気校です。

学校の特色

2学年まで全員の生徒が、同一科目・単位数を履修(2学年での地歴・公民と理科のみの選択)し、国立大学受験に対応できるカリキュラムを編成しています。3学年では、進路希望に応じたハイレベルな選択科目が開設され、多様な履修が可能です。また、基礎力向上に十分な時間を充てるため、授業時間は65分単位で実施している点が特徴的です。
また、「スーパーサイエンスハイスクール」(以下「SSH」 )に指定されています。「多様な他者と協働して新たな価値を創出し、社会に貢献する科学的探究者の育成」を研究テーマとし、①理数系教科・科目を重視した文系・理系の類型によらない教育課程の実施、②課題研究を中心とした学校設定教科『共創・探究』の設置、③研究に係る海外との交流及び海外研修プログラムの3つを柱としています。

活発な部活動

約40もの部活動があり、多くの生徒が盛んに活動しています。競技カルタ部は全国大会常連で、個人の部で東日本優勝を果たしています。運動系では、陸上競技部が南関東大会に出場するなど、文化系・運動系ともに活動が盛んです。

充実した学校行事

体育祭は、縦割りの8ブロック対抗で、競技・立て看板・応援仮装など、様々な部門で競います。他にも文化祭(江麗祭)、合唱コンクールなど学校生活を彩る行事が目白押しです。さらに、SSH事業として海外研修の実施も予定されています。

平塚江南高校の受験データ

↓2019年度
偏差値(67)
平均内申点(122.5)
入試平均点(374)
参考:http://furo.fc2web.com/hiratsuka-konan.html

↓2020年度
募集(318)
受験者(381)
合格者(318)
倍率(1.20)
参考:http://furo.fc2web.com/hiratsuka-konan.html

↓2021年度(最新)
募集(318)
受験者(392)
合格者(318)
倍率(1.23)
参考:http://furo.fc2web.com/hiratsuka-konan.html

分析結果

2019年から2021年の結果を分析すると、倍率は1.23と標準的な数値になっています。偏差値のレベルや倍率が近い鎌倉高校と比較すると、内申点はやや高い数値が要求されます。

内申点対策

中1~2の生徒は、学校の授業スピードに合わせて学習を進め、日頃からテスト対策や提出物の管理などを行い、内申点は40~42/45程度を目指しましょう。この数値は主要5科目だけではなく副教科4科目にも力を入れて、計画的に内申点UPを目指して学習を進めることが重要です。みんなの塾では、生徒ひとりひとりの学習状況に合わせてカリキュラムを設計しておりますので、お気軽にご相談ください。
https://minjuku.info/course/junior/

入試対策

内申点が平均の122点付近の場合、374点程度が必要になります。1科目あたり平均75点を取れれば合格できる計算で、これは基礎に加えてやや発展の問題も挑戦できる学力が必要になってくる点数です。具体的にどの科目でどの問題で点数を取るのか、どこを重点的に勉強する必要があるのか、戦略的に学習を取り組む必要があります。
面接に関しては、公開されているすべての受験者(合格者・不合格者含む)が100点中100点と差がつかないので、特殊な対策は必要ありません。受験前に当日の面接を想定した練習をしておきましょう。

特色検査対策

平塚江南高校の特色検査は英語・国語の読解に加えて教科横断型の思考力がよく問われます。対策としては「何を聞かれているのか」の本質的な部分を考え、思考プロセスを丁寧に説明できる状態を目指すことが必要になってきます。平塚江南高校合格者の特色検査平均点が42.13点です。この点数に届かずとも、共通試験の点数や内申点次第で合格している事例もありますが、対策の必要性が非常に高いことは言うまでもありません。みんなの塾では特色検査にも十分対応できるよう、コーチングを活用した指導にも力を入れております。

平塚江南高校の進学状況

令和3年度の実績では国公立大学の合格者数が81名で、私立大学の合格総数は1000件を超えています。過去3年進学率は算出されていないものの、ほとんどの生徒が大学進学を選択されていると考えられます。平塚江南高校のライバル校として挙げられる鎌倉高校と比較すると、国公立の進学率は鎌倉高校より若干数値が高くなっています。
参考:https://www.pen-kanagawa.ed.jp/hiratsukakonan-h/shinro/documents/3nennkanngoukakusuu2021.pdf

平塚江南高校出身の有名人

実業家、学者、アナウンサーなど、幅広い分野で活躍する人物を多く輩出しています。
遠藤信博 (NEC元社長、日本経団連審議員会副議長、経済同友会副代表幹事)
太田嘉雄 (浜銀総合研究所元社長、産業貿易センター元社長、横浜商工会議所元副会頭)
水島藤一郎 (日本年金機構理事長、年金・健康保険福祉施設整理機構理事長)
米田純 (東北楽天ゴールデンイーグルス取締役球団代表)
山下徹 (NTTデータ元社長、内閣府公益認定等委員会委員長)
河西利信 (ジョーンズ ラング ラサール社長、ゴールドマン・サックス証券元パートナー)
小泉光臣 (日本たばこ産業社長)
野澤宏 (富士ソフト創業者・元会長兼社長)
青木生子 (元日本女子大学学長、旧制高女卒)
石原全 (法学者、一橋大学名誉教授)
福田逸 (演出家、明治大学教授)
小川園子 (心理学者、筑波大学教授)
江守正多 (気象学者、国立環境研究所室長)
永田稔 (経営コンサルタント、立命館大学教授、ヒトラボジェイピー代表取締役)
野地俊二 (NHKアナウンサー)
川野良子 (ニッポン放送・フジテレビアナウンサー)
今井伊佐男 (元日本テレビアナウンサー)
宮田貴行 (NHKアナウンサー)
吉田智子 (元毎日放送アナウンサー)
秋山浩之 (TBSテレビプロデューサー)
佐藤竜雄 (アニメーション監督・演出家)
岩崎由紀子 (ソプラノ歌手、元国立音楽大学教授)
石井睦美 (童話作家)
小林禮子 (囲碁棋士)
安田美香 (タレント)
松本浩代 (プロレスラー)

平塚江南高校の受験対策のポイント

平塚江南高校の受験のポイントは共通試験と特色検査です。共通試験の点数が内申点より重視されるものの、当日点をカバーできることを考えると内申点も上げておくに越したことはありません。また、少しでも合格の可能性を上げるためにも、特色検査の対策を並行して行っていくことが重要です。